何承霖

HE CHENGLIN

平面

活動背景・テーマなど

見せたい作品を通じて自分の未来に対する一种の恐怖 を感じる。私は生まれてから一条の死への道を踏んでたとおり、マルティン・ハイデッガー が「時間と存在 」での記述に死へかう 存在のように、私は生まれながらに孤独の存在に、 一歩一歩前の探求 は、死に向かって、そして、僕にできるのはゴールにたどり着くまでに何かを残し続けることだけで、それは僕 がこの世界に存在していたことを表している。

​メッセージ

唯一無二の芸術とは、作品 を見て作家のコンセプトを読まなくても、作家の心がわかるようなもので、自分 の心に触れるようなものだと思います。このような作品 は少し理解しにくいかもしれませんし、さまざまな感情が生まれるかもしれませんが、鑑賞者に怒りや 恐怖、喜びなどの感情を与えることができるのも、唯一無二の芸術のひとつです。

過去の制作作品

HE CHENGLIN

経歴

2020年38届上野の森美術館大賞展入選
2021年Picaresque Art Gallery 百花繚乱HERO展
    Picaresque Art Gallery 「百花繚乱」
    ART POINT GALLERY Nature展
東京中央ギャラリー 夏祭り展
    KENZAN大宴会的美術展 東京
gallrey2511 ミニアート展 東京
48回創画会 入選
    東京中央ギャラリー 公募展入選入賞者展 

受賞歴

第三回日本文藝アートコンペティション奨励賞

【CONTACT】

このアーティストに作品の制作や仕事を依頼する

送信ありがとうございました!内容を確認させていただき、ご返信いたします。