柴田彩都

Shibata Sato

日本画

活動背景・テーマなど

顔料、膠、和紙といった日本画の素材は、全て動物や植物から生成される自然由来のものです。しかしながら、原料が取れない、画材を作る職人不足などで衰退していくのが現状です。
日本画の画材を使って動植物を描くことで、日本画の良さを再発見し、伝えていきたいと考えて制作しています。
また、上記を踏まえ、動植物を通して自然や生物の生命力、生命の美しさ、儚さ、脆さをテーマに作品を制作しています。

​メッセージ

現在アミメキリンをモチーフにP100サイズの大作を制作中です。2022年は個展の開催を計画しています。よろしくお願いします!

過去の制作作品

Shibata Sato

経歴

2020年3月 文星芸術大学卒業
    7月 KILALA美術学院こども絵画造形教室講師就任(現在アトリエ主任)
2021年4月 文星芸術大学大学院日本画分野入学
    5月 KILALA美術学院学生アートクラス水彩画クラス講師

受賞歴

2019年 『第5回石本正日本画大賞展』入選
2021年 『第6回石本正日本画大賞展』奨励賞

【CONTACT】

このアーティストに作品の制作や仕事を依頼する

送信ありがとうございました!内容を確認させていただき、ご返信いたします。